肝機能の検査をする時にアルカリホスファターゼを調べる理由について

医療機関で健康診断をした時、検査票にALPという項目がありますが、これはアルカリホスファターゼを指し、主に肝機能の検査に用いられ基準値は100から340U/Lです。この基準値より高い場合疑われる病気は、脂肪肝や肝硬変、肝臓癌、慢性肝炎などを始め複数の疾病が考えられます。

ALPの値は、肝臓やその他の器官に異常がなくても数値が上がる場合があり、それは骨折や骨肉腫などの時です。その為、ガン患者の場合骨への転移があるかALPの値を検査します。ALPの数値が高くても、黄疸の症状やAST、ALT、LDHなど数値の異常の有無で、肝臓や胆道系の病気と区別がつきます。また、肝障害を示すASTやALTの数値は、心筋梗塞の時にも数値が上昇します。

肝臓や胆管の病気を検査するとき、総ビリルビンの数値を調べる方法があり、肝臓で処理される前のビリルビンを非抱合型ビリルビン、処理されると抱合型ビリルビンになります。これら2つを合わせて総ビリルビンと呼び、基準値は0.2から1.2mg/dLです。

 

タウリンは疲れを癒す

タウリン疲労回復の成分としてよく知られています。140円くらいの栄養ドリンクを思い浮かべる人も多いでしょう。副作用は極端に過渡にとらない限りは心配することはありません。過度な量を摂取して気になるのはむしろカフェインのほうです。

しかし一応は摂取しすぎることには注意した方がよいでしょう。ミネラルなども身体によいのですがとりすぎることには注意するべきなのです。体内で合成できる存在とそうでないものがあったりします。そうでないものであろうとも身体には必要不可欠であったりすることがありますから人体というのは本当に大変です。

必要ない栄養成分をしっかりと摂取して健康的な身体を目指すようにしましょう。タウリンなどもそうしたものの一つであり、少なくとも疲労回復の効果は期待できることでしょう。

タウリンはドリンクタイプだけでなくサプリメントもあります。選び方はhttp://タウリンサプリおすすめ比較ランキング.xyz/などの比較がいいです。

それは実に有難いことになりますから、積極的に摂取するようにしましょう。それだけの価値がある成分であるといえるのは確かでしょう。ミネラルにもそれはいえることになりますから、できるだけ許容範囲内で摂取するようにしたほうがよいでしょう。